こだわりのアイスコーヒーの淹れ方

おじいちゃんの影響で美味しいコーヒーを探すことにはまっています。昔からコーヒーに関してはかなりこだわっています。基本的にホット、アイスに関わらず自分で挽きます。豆は買いに行ったときに飲みたい、または飲んでみたいものを豆の状態で購入します。豆は開封した瞬間から劣化が始まり、豆を挽くとそれがさらに進む、と雑誌で読んだことがあり、ついついそれを気にしてしまいます。

アイスコーヒーのこだわりは、私は自分で淹れるのなら間違いなく水出しコーヒーにします。水出しでゆっくり時間をかけて濾過されたコーヒーは無駄な苦みもなく、すっきりとしていてとてもおいしいです。コーヒーの苦みが好き、という方にはあまりおすすめできませんが、夏に1Lくらい作っておくとあっという間になくなってしまうくらいです。

水出しコーヒーを知ったきっかけは専用のボトルを見つけたからでした。当時は水出しコーヒーのはしりぐらいの時期で、なんとなく誰も知らない(というのはあり得ませんが)マイナーな飲み方のような気がして心が躍ったものです。興味本位で作ってみたらとてもおいしくて、それ以来水出しコーヒー以外のアイスコーヒーはあまり受け付けなくなってしまいました。

コーヒーの苦みが苦手でブラックが飲めないという方にはぜひおすすめしたい飲み方です。